キャッシングの在籍確認は派遣の場合は書類のみで借りれる消費者金融

 
必ず職場に在籍確認の電話が来る消費者金融カードローンですが、派遣社員が在籍確認の審査を受ける場合はちょっと複雑です。
派遣社員というのは派遣されている会社の社員ではないので、勤務先で在籍確認を行うことができません。

あくまで在籍しているのは派遣元。申し込みフォームに勤務先を記載する時は派遣元の連絡先を記載しなくてはなりません。

 

実際に在籍確認の電話を行う際は、本人が必ずいなくても可能です。本人はいなくても在籍している言うことが話の内容でわかれば審査はそこで終了。

 

あとは契約し、融資となります。派遣元で電話がかかってくる際に一言在籍確認の電話があると伝えておきましょう。

 

消費者金融会社からではなくクレジットカード会社から在籍確認の電話があると伝えておけば、悪い印象を受けることもありません。

 

しかし会社の状況によって本人が不在の時に個人の内容を伝えることはしないという会社もあります。

 

どうしても会社が対応をしてくれない場合は、大手消費者金融会社のプロミスかアコムであればその状況を相談すると、代替方法で在籍確認を行ってもらえます。

 

収入証明書や在籍証明書などの書類を提出するという方法で在籍確認が可能になる場合がありますので、在籍確認の相談をまず申し込む前に行ってみましょう。

国民健康保険証でしたら、派遣会社に申請することで社会保険証に変更ができます。実は、勤務先名の表記のある社会保険では消費者金融の審査において信頼度は一気に上がります。社会保険証を提示することで電話確認を回避することも可能になってきます。派遣会社に相談してみるのも良いかもしれません。