専業主主婦・パート・アルバイトの人もキャッシングは可能?

 

専業主婦の方がカードローンを申し込むのは至難の業です。

収入がないため消費者金融では借りることができません。総量規制で収入の3分の1までと決められているためです。

しかし、総量規制がない銀行系カードローンでは可能です。みずほ銀行のように商品説明書に「ご本人さまに収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は」とある通り専業主婦の申込が可能です。

 

銀行系カードローンは、専業主婦の方でも申し込める場合とできない場合があります。不安であれば事前に聞いてみればいいでしょう。

 

パートやアルバイトの方は融資限度額の多い少ないは別として、キャッシングが可能です。消費者金融であっても、収入があればそれに応じた融資限度額を設定してくれます。これは銀行系カードローンでも同じです。

 

キャッシングは、借りる人の収入を担保にしてお金を貸してくれる金融商品です。そのため、パートやアルバイトの方であっても心配なくお金を借りることができます。

 

しかし、収入がない専業主婦の方はそれでは借りることができません。とはいえ、専業主婦の方は旦那さんの収入があるから生活しているわけであり、その収入を担保にしてお金を貸しても大丈夫だと判断する銀行もあるのです。

 

もっとも、この判断は銀行によりマチマチであり、すべての銀行がみずほ銀行のように専業主婦に対してキャッシングを認めているとは限りません。なお、みずほ銀行の場合であっても、専業主婦の方は30万円が融資限度額になります。

 

本人の収入をアテにして融資ができるパートやアルバイトの方と違い、他人の収入をアテにして融資をするわけですから、融資限度額は低くなるのです。

他の銀行系カードローンであっても話は同じです。